「デザインをアートではなく仕事として見る」

dd_20170609_4

「デザイン」という言葉の理解や解釈は人それぞれですが、ここではデザインの仕事としての解釈や捉え方、目的についてです。


「デザインの必要性とは 」

デザインをアート寄りに捉える人の場合、いかにカッコいいものを作り、共感を目的とした自分のアピールをどれだけできるかが重要なポイントだとすると、デザインを仕事として捉えた場合のポイントはどこでしょう。

このふたつの「デザイン」の捉え方の違いは、ずばり「目的」です。

自身の共感が目的の場合、発信情報が自分であり、共感を得て理解をしてもらうためのツールとしてデザインをするのに対し、仕事の場合は発信元の情報が他者であり、その要件は様々ですが、求められた問題解決が目的となり、その解決方法としてデザインを用います。

なので、仕事として求められる多くのデザイン依頼の中で、デザイナーとして求められる必要な解釈とは、「ニーズ」に応える力(アイディアやデザイン力)となります。


「ニーズとは」

ニーズは「必要とされてから」と受身的な考え方が多い印象がありますが、もっと根本は「気づき」にあります。
デザインの場合だと、「これをこうして、こうなってほしい」と具体的な依頼ばかりではありません。

そのニーズが思いつく前に「まず何をどうしたらいいかわからない」や「とくに問題がないのでは」といった根本のイメージがない人もたくさんいます。

そこにいち早く気がつき提案、そして解決方法を模索し誘導をすることがデザイナーの仕事でもあり、その問題に気がついてこそ「じゃあこうしてほしい」というニーズが生まれます。
こうしてニーズを一緒に生むことで、そこからビジュアル的なデザインに取り掛かり、デザインをすることに目的が生まれます。

すでに具体的なイメージがある場合でも、そのまま鵜呑みするのではなく、経験の中から「この方が良いのでは」と誘導、提案をすることも重要です。

またデザイナーの本質である、見た目にビジュアル化していく、イメージを具現化する能力に対する依頼の場合も、あなたを求めたという「ニーズ」が生まれているので、答える力を技術を身につけることや伸ばすことも必要不可欠です。


「自身のブランド力はどうなる?」

ニーズや要求の中で、仕事をするようになると、自分の個性やブランド力がないのでは、と思われがちですが、僕の中ではあまりそういう解釈はありません。

あまりに詳細な要求のデザインを省いてですが、それらを踏まえて「自分ならどうするか」をというデザインの仕方こそ見せ所であり、その幅の中で力を発揮することも個性やブランド力だと考えています。

「自由な発信=個性」ではなく、何かの制限の中で自分なりの理解と成果を出すことも個性であり、その柔軟さや発想などの過程がブランド力として求められるようになり、そこがデザイナーとしての自分の価値でもあるのではないでしょうか。




|まとめ
目的によって自分のデザインという力の発揮する場所、方法を使い分けることができれば一番の理想ですが、広く「仕事=デザイナー」としての解釈をする場合は、「気づき」を与え、「ニーズ」を知る、理解することが大切です。 

必ずしも知ること、理解をすることで成果が得られるわけはなく、逆に目的のなかったものや狙いのないものが想定外の結果を生むことがありますが、それらも何かしらの時代やタイミング、見えないニーズに当てはまったことで、生まれた成果であり、求められないことには結果は出しようがありません。

ニーズに対して応えることが仕事としての捉え方で、デザイナーはその応える方法がデザインであり、ただ「良いものを作る、作った」成果物だけをゴールにするのではなく、制作物に目的を与え、その成果までをイメージしたデザインをすることがデザイナーの本質ではないでしょうか。