デザイナーダンサー

デザイナーダンサー「ukey murano」による、adobeソフト(イラストレーター・フォトショップ)を使った、グラフィックデザインの基礎や応用、ダンス業界で使えるテクニック、また自身のデザインの仕事についても解説していきます。

神戸・大阪を拠点に活動するデザイナーダンサー「ukey murano」による、イラレとフォトショを使ったグラフィックデザインの基礎や応用。
そしてダンス業界ならではの使えるテクニック、自身のデザインの仕事や実績についても解説していきます。


ホーム | デザインブログ | 入門レクチャー | テクニック | 実績解説 | デザイン的自論


カテゴリ: デザイン入門レクチャー

「デザインができたら次は入稿」デザインができて、入稿データが完成したら、次の難関が「どこに入稿するか?」です。入稿先を決める前に、入稿先を決める基準になってくるポイントは。・納期・料金・規格(媒体)この3つの中で、特に重要なのは、「納期」。印刷物、グッズ類…
>>続きを読む

「文字にフチを付けて効果的にみせる」 文字が細いなと感じた時、文字を強調して見せたい時、「文字のフチに色をつけよう」思うことありませんか? よく使うこの見せ方は、いくつか作る方法があるのですが、まずは良くない例から。下の参考画像は文字に対して、そのまま線…
>>続きを読む

「文字をパスにして自由自在に扱う」イラストレーター上でテキストを扱う場合、必須となる作業がアウトライン。「アウトラインとは?」テキストからパスデータにすることをアウトライン(ベクターデータ化)と言います。アウトライン化したいテキストを選択した状態で、上の…
>>続きを読む

「パスってなに?」パスとはペンツール(ツールメニュー内の万年筆のアイコン)で描く、変形や拡大縮小可能な線画の事を指します。「アンカーポイント(支点)」と「セグメント(支点と支点を繋ぐ線)」から出来ていて、直線、曲線など自由な線を描くことができます。また線…
>>続きを読む

「印刷物の入稿って何からすればいいの?」まず、入稿と聞いて覚えてほしいキーワードは・塗り足し・内3mm・トリムマーク(とんぼ)この3つを理解すれば、デザインの内容、または紙媒体でなくても、タペストリーやのぼりなどの大きなものまで、対応することができます。(印…
>>続きを読む

「写真と文字の扱い方って?」デザインが身近にあるダンサーにとって大事な写真と文字の扱いのポイントです。「あれ、この写真、この文字引き伸ばしてない?」というモノを見た事がありませんか?たまに見かける、レイアウトやソフトの扱いがまだ慣れない人でしょうか、引き…
>>続きを読む

「RGBとCMYKってなに?」まず「RGB」と「CMYK」が、何かというとドキュメント(作業中のデータ)の「カラーモード」の事で、イラレもフォトショも共通している事なのですが、このカラーモードを印刷物とデジタル用とで、使いわけることで、自分のパソコン上の見た目と同じ様…
>>続きを読む

「フォトショップとは?」まずはウィキペディアより。「主に写真編集(フォトレタッチ)としての役割を担うソフトウェアとして、画像加工、イラストレーション、印刷業界などあらゆる画像分野で使用されており、この分野では代表的な存在である。主に写真などの加工に適して…
>>続きを読む

「イラストレーターとは?」まずはウィキペディアより。「イラスト制作は勿論のこと、ロゴタイプや図面、広告、パッケージなどをデザインする描画ツールソフトとして、印刷業界などあらゆる分野で使用されている。特にDTP業界においては印刷物(チラシや小冊子)制作ソフトと…
>>続きを読む